安く早く提供、ジェネリック | 「もしかたらEDかも...」と思ったら治療薬を考えてませんか?
「「もしかたらEDかも...」と思ったら治療薬を考えてませんか?」のイメージ画像
メモとペンと散らばった錠剤

安く早く提供、ジェネリック

風邪薬にしても胃腸薬にしても決して安い買い物ではありませんよね?
体の調子を取り戻すためとはいえ、出費は出来るだけ抑えたいものです。
カベルタというED治療薬があるのですが、このカベルタはバイアグラとほぼ同じ成分で同じ効果があるのにも関わらず、バイアグラより格安で購入することが可能です。
同じ成分なのに格安で購入できるのはこのカベルタがジェネリック医薬品だからです。
最近は製薬会社がテレビなどのメディアを通じてこのジェネリックというキーワードでコマーシャルをしていますね。
製薬業界ではこのジェネリック医薬品が主流になっている傾向にあります。
この話題のジェネリック医薬品というものが何か皆様はご存知でしょうか?
ジェネリック医薬品は元々開発されていたお薬を日本の製薬メーカーが日本人向けに加工し、販売しているお薬のことです。
格安で提供できる訳は薬の開発費がほとんどかかっていないからです。
新規で一から薬を作ろうとなると、莫大な資金と気の遠くなるような時間が必要なのです。
まず、薬を開発するための施設、その施設を維持するための維持費、薬を開発する人の人件費、その薬を作るための材料などが必要となり、時間も1年や2年ではありません。
一般の患者さんの手に渡るまで約10年はかかるといわれています。そんな余裕は大手の製薬会社でも簡単に用意することはできません。
しかし、ジェネリック医薬品なら加工するだけで元々の薬を開発しているわけではないので、値段も安く済むのです。
ジェネリック医薬品は国も推奨しているしているので、今後もどんどん増えていくことでしょう。